自然史博物館 Natural History Museum

恐竜ファン必見の自然科学分野の博物館、楽しくユニークな展示は見応え十分

自然史博物館(Natural History Museum)は、ロンドンのサウス・ケンジントンにある自然科学の博物館です。
恐竜の骨格標本や樹齢1300年の巨木の断面の標本、バクテリアの化石まで、自然科学にまつわる収蔵品の数々が揃い、ロンドンでも屈指の人気を誇るスポットです。
敷地内には科学博物館(サイエンス・ミュージアム)が隣接し、東にはV&A博物館、北にはインペリアル・カレッジ・ロンドンなどが集まるアカデミックなエリアにあり、学生やファミリーの観光に大変おすすめです。

1881年、大英博物館の自然科学分野が分離・独立し、自然史博物館がオープンしました。
大英博物館設立のきっかけとなった、博物学者で開業医のハンス・スローンのコレクションの大半がここに収蔵されています。
世界中から集められた動植物の標本は4億点を越え、毎年30万点にのぼる新種が加えられています。
館内はブルー、グリーン、レッド、オレンジの4エリアに分かれ、それぞれテーマにそったコレクションが工夫をこらして展示されています。
オレンジゾーンにはダーウィンの生誕200周年にちなんで作られた「ダーウィン・センター」があり、3Dなどの先端技術を使ったビジュアル展示は、子供ならずとも大人も夢中になってしまうでしょう。

大聖堂やお城に見間違えそうな荘厳な建物は全長205mの巨大さを誇り、ロンドンを代表するロマネスク様式の建物となっています。
壁面のテラコッタや内部に飾られた絵、彫刻には動植物がモチーフのものが施され、建築物や内装に興味がある人も楽しめるでしょう。
冬季には敷地内にスケート・リンクが設置され、クリスマス・シーズンを楽しむ人々で賑わっています。

→館内マップ(pdf)

 

有名な展示品であるディプロドクスの骨格標本、愛称ディッピーは、1979年から約40年にわたり、エントランスホールの名物として訪問者を出迎えてきました。2018〜20年に国内8箇所のツアーに出た後、2020年末からはブロンズ像として博物館の外に展示される予定です。

Natural History Gallery.JPG
By Tuuraan78 - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, Link

Natural History Museum London Jan 2006.jpg
By Diliff - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

ブルー・ゾーン

恐竜からさまざまな哺乳類まで、地球上の驚異的な多様性を知ることができます。

恐竜魚類、両生類、爬虫類人間の生物学自然の絵画哺乳類哺乳動物(鯨)海洋無脊椎動物

グリーン・ゾーン

惑星の進化に伴い、生命の形態と環境の関係やエコロジーについて知ることができます。
※Hintze HallとTreasures Cadogan Galleryは、2017年夏まで再開発のために閉鎖されています。

節足動物海洋爬虫類の化石イギリスの化石調査鳥類鉱物宝石

レッド・ゾーン

壮大な地球の地質や地形から、地球を形作る巨大な力について知ることができます。

アースホールとステゴサウルス人間の進化生命の始まり地球の宝石庫動き続ける表層面化石による証拠火山と地震

オレンジ・ゾーン

ダーウィン・センターでは、最新の生物学研究に触れたり、科学者達の現場を知ることができます。
たくさんの生物が生息しているガーデン型のワイルド・ライフ・ガーデンは、夏季のみオープンしています。

ダーウィン・センターワイルドライフ・ガーデン

館内マップ(pdf)http://www.nhm.ac.uk/content/dam/nhmwww/visit/hintze-hall-transformation/NHM_map_January_2017.pdf
住所Cromwell Road London SW7 5BD
URLhttp://www.nhm.ac.uk/
TEL+44 (0)20 7942 5000
開館時間毎日 10.00-17.50(最終入場 17.30)
閉館日12/24〜26
料金無料(寄付制)
企画展(エキシビジョン)は有料
アクセスサウス・ケンジントン駅から徒歩3分
自然史博物館 Natural History Museum
Booking.com