ゴールデン・ジュビリー・ブリッジ Golden Jubilee Bridges

ハンガーフォード・ブリッジの歩行者専用橋

ゴールデン・ジュビリー・ブリッジ(Golden Jubilee Bridges)は、テムズ川にかかる2本の歩道橋です。
チャリング・クロス駅とサウス・バンクを繋ぐ橋で、南側のウェストミンスター橋と北側のウォータールー橋の間に位置しています。

この2本の橋に挟まれたハンガーフォード・ブリッジ(Hungerford Bridge)は、初代は1859年に作られ、1864年にチャリング・クロス駅の新設に伴い現在の鉄道橋として生まれ変わりました。
2002年、ハンガーフォード・ブリッジの脇にこの2本の歩行者専用橋が作られると、エリザベス2世の即位50周年にちなんで「ゴールデン・ジュビリー・ブリッジ」と名付けられました。
橋の西岸はチャリング・クロス駅があり、東岸にはサウスバンクのロイヤル・フェスティバル・ホールやクイーン・エリザベス・ホール、ナショナル・シアター、ロンドン・アイなどがあり、エンバンクメントとサウスバンクの往来にとても便利な手段です。
景色を楽しむなら、国会議事堂とビッグ・ベン、ウェストミンスター橋、ロンドン・アイが一望できる南側の橋がおすすめです。

Hungerford Bridge from London Eye.jpg
By Own work - Own work, GFDL, Link

南側の橋からの景色

すぐ脇に鉄道が見える
住所Charing Cross / Southbank, London, WC2N 5DJ
URLhttps://www.visitlondon.com/things-to-do/place/25850583-hungerford-bridge-and-golden-jubilee-bridges
アクセスCharing Cross駅、Embankment駅からすぐ
ゴールデン・ジュビリー・ブリッジ Golden Jubilee Bridges
Booking.com