ギルドホール・アート・ギャラリー Guildhall Art Gallery

中世からのロンドンのアートが満載、地下の円形劇場の展示も必見

ギルドホール・アート・ギャラリー(Guildhall Art Gallery)は、シティ・オブ・ロンドンのギルドホールの東側にある美術館です。
1886年、「首都にふさわしい宝物とアートのコレクション」として設立されました。4000点以上の絵画、デッサン、彫刻作品などのコレクションのうち、常時250点が展示されています。
絵画の多くはロンドンにまつわるもので、16世紀以降の王族や市長の肖像画、1607年から現在までのロンドンの風景画、ラファエル前派の作品の数々や、ジョン・コンスタブルによるソールズベリー大聖堂の眺めなど、ビクトリア時代の芸術の重要なコレクションを観ることができます。

第二次大戦の空襲により、ギルドホールとギャラリーも大きな被害を受け、一部のコレクションが失われました。建物の再建の際、1985年に建物の下にローマ時代の円形劇場(アンフィテアトルム)が発見されました。12世紀、ギルドホールはこの円形劇場に隣接する形で建設されたのです。
ギャラリーの地下では、円形劇場の遺跡の一部を保存する形で展示されているので、ぜひ観ておきましょう。

Guildhall Roman Amphitheatre, London.JPG
By Philafrenzy - Own work, CC BY-SA 4.0, Link

住所Guildhall Yard, London EC2V 5AE
URLhttps://www.cityoflondon.gov.uk/things-to-do/visit-the-city/attractions/guildhall-galleries/Pages/guildhall-art-gallery.aspx
開館時間月〜土 10am - 5pm
日曜日 12pm - 4pm
料金無料
企画展(エキシビジョン)などは別途入場料が必要な場合があります。
アクセスSloane Square駅から徒歩約3分
ギルドホール・アート・ギャラリー Guildhall Art Gallery
Booking.com