ウィンザー城 Windsor Castle

女王エリザベス2世が週末に過ごすお城

ウィンザー城 (Windsor Castle) は、イングランドの都市ウィンザーにある城で、エリザベス2世が週末に滞在する場所です。
ロンドンから日帰りできるウィンザーにあり、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットです。
お城の床面積はおよそ45,000平方メートルで、現存する城で人が住んでいるものの中では最大です。
女王が週末にを訪れている間には王室旗が、平日などいない間はイギリス国旗がラウンドタワーに掲揚されています。

ウィンザー城は11世紀にウィリアム1世によって建てられ、本来はロンドン防衛の一部を担う軍事目的の城でした。
ヘンリー3世によって建設された西部の防壁の一部は現在も残っており、現存するこの城の最古のものです。
1350年から、エドワード3世によって城の一部を残して取り壊され、新しいものに再建されてきています。

ヘンリー8世ゲートの前のセント・ジョージズ・チャペルは、15世紀に建てられたもので、ヘンリー8世をはじめとした王族の墓所があります。
城の最大の見どころは、女王の住まいであるステート・アパートメントで、女王が不在の間は内部の見学ができます。
レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿、ルーベンスなどの絵画、調度品や甲冑類などのコレクションは膨大で、中でも人気があるのはクイーン・メアリ人形館です。
精巧に作られた邸宅のミニチュア模型で、玩具に興味がある人はお見逃しなく。
ステート・アパートメントは女王滞在中は見学が制限されるので、見学できるかどうか予め確かめておきましょう

城の正門前では、バッキンガム宮殿と同様に毎朝11時から、冬季は1日起きに近衛兵の交代式が行なわれます。
バッキンガム宮殿よりは見やすいので、朝から行ってみるとよいでしょう。

ロイヤルアスコット開催時には、女王自ら、ウィンザー城から馬車に乗って臨席します。
城の南に伸びているロング・ウォークは、このロイヤルアスコットの際、女王や賓客が馬車に乗って競馬場へ下る道となっています。

WindsorCastle RoundTower.jpg
By PlusMinus - Photo by PlusMinus, CC 表示 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1071938

ラウンドタワー
住所Windsor Castle, Windsor, Berkshire SL4 1NJ
URLhttps://www.royalcollection.org.uk/visit/windsorcastle
公式日本語ページ
TEL+44 (0)30 123 7334
Mailspecialistsales@royalcollection.org.uk
開館時間3〜10月
毎日 09:30-17:30 (最終入場16:00)

11月〜2月
毎日 09:45-16:15 (最終入場15:00)
休館日12/25、26

ステート・アパートメント
2016/10/7
2016/12/2

セミ・ステート・ルーム
10/14、11/28・25、12/5・12

※最新の休館情報はこちらで確認ください

ウィンザー城は国家儀式や国賓の歓待などに頻繁に使われるため、公開日時が間際に変更になる場合があります。
公開日時を事前に確認しておきましょう。
入場料ウィンザー城 入場料
大人 £20.00
60歳以上/学生(要証明書)£18.20
17歳未満 / 無効 £11.70
5歳未満 無料
家族 £51.70 (大人2人と17歳未満3人)

ウィンザー城 公式諸間が閉鎖時の入場料
大人 £10.80
60歳以上/学生(要証明書)£9.80
17歳未満 / 無効 £6.80
5歳未満 無料
家族 £28.40 (大人2人と17歳未満3人)

※入場料には日本語版のオーディオガイドが含まれます
アクセスNationarl RailでLondon Waterloo駅/London Paddington駅からWindsor & Eton Central駅で下車。(Slough駅で乗り換え)
または、グリーンラインのコーチ(バス)がヴィクトリア・コーチ・ステーションから毎日運行。

ウィンザー城 Windsor Castle
Booking.com